任意売却で、精神面・金銭面で生活再建・事業継続を!

一言で言うと、精神面・金銭面で余力が生まれ,生活の再建が可能になります。

     土地の値下がりが続いています。早期に不動産を任意売却して借金を少しでも多く返済できます。      まだ商売が継続しているようでも、競売となったら再建は困難です。任意売却を行って売却先から賃借しながら事業を続けるのも生き残りの策です。

      担保不動産の処分ができないままでいると、いつまでも返済の請求を受け続けることになります。任意売却で早く不動産を処分すれば、債権者も償却の手続きに入ったり サービサーに債権を売却したりするので、再起の可能性も出てきます。

      任意売却は話し合いで進めるものですから、場合によっては損害金を減免できるかも知れません。      引越しにはお金がかかります。競売だと1銭も手元に残りませんが,任意売却であれば若干の引越し費用が出る場合もあります。

      長年住み慣れた家であれば、競売で強制的に処分されるよりも、任意売却で納得づくで手放した方が、近所にも大手を振って引越しできます。

 任意売却とは? 

 債務(借金)の返済が遅滞すると担保がついている不動産は『競売』にかけられますが、それによる『入札』前に、債権者(金融機関)との合意を基に、不動産所有者の意思でその不動産を売却することです。任意売却するかどうかを決めるのは、不動産の所有者です。ただし、金融機関とくに抵当権設定の第1順位の金融機関とは協調することがポイントです。

 どんなとき任意売却したらいいか?
  早めの決断が勝負です!

・今後、融資(住宅ローン、事業融資)の返済が困難になりそうなとき

    既に、融資(住宅ローン、事業融資)の返済が遅れているとき

    裁判所から競売通知書が来たとき 

 

任意売却のメリットは?
 ・お持ちの不動産を強制的に売却するのではなく、債権者を含め関係者皆さんの話し  

   合いで納得の上売却できます。

  ・売却のための費用(当社の手数料など)は、不動産の売却代金から出ます。 

    引越し費用や当面の生活資金も話し合いで不動産の売却代金か  

  ら出ることもあります。

    競売中の不動産でも任意売却は可能です。

    親族間(たとえば親子間)でも任意売却は可能です。

    現在破産申し立て中の方でも任意売却は可能です。
  破産をする場合でも、担保不動産を処分してから破産申し立て  

  したほうが破産手続きは簡単になり、さらに費用も安くなりま 

  す。

・ご近所にも体面を保ちながら不動産の売却ができます。

 
競売と比べると?
  任意売却は、
 
@ 自宅を手放さないですむ場合もあります。

  A        市場価格に近い金額で売却できます。

  B        引越し代や当面の生活資金の確保も可能です。

  C        公表される心配はありません。

 任意売却の自己負担金は?
  
ゼロ(0円)です。
  
(当社の手数料は、金融機関などに支払われるはずの不動産売却代金から拠出され
   ます。)
 

任意売却の手順は?

  担保不動産の任意売却の同意(所有者) ⇒ 担保不動産の再調査・再評価 ⇒
   不動産の購入者探し ⇒ 買付け証明書入手 ⇒ 配分案の作成 ⇒ 利害関係 

   人の調整 ⇒ 最終合意・契約 ⇒ 任意売却の終了

 当社の役割は?  

  上記手順にある作業すべてをお手伝いします。

当社は、あらゆる方面の方々から信頼を得て、関係者皆様の調整を図りながら担保がついている不動産の任意売却により、不動産所有者の債務(借金)返済のお手伝いをします。親身になってあなた様の相談に乗り、担保不動産の任意売却に務めます。不動産所有者(債務者)の将来の展望を開くことが当社の願いでもあります。 いちど、思いきって当社へ連絡をしてみてください。決して無理強いはしません。ご安心ください。秘密厳守です。

 ご相談は⇒03-6912-7313

 お問い合わせはこちらへ