土砂災害の意識が高まる!

 最近、都市部での土砂災害が増加していることから、土砂災害についての意識に変化があったようです。

 参考:応用地質(株)は20日、「土砂災害に対する危機感や避難行動に対する意識調査」の結果を公表

 土地購入(入居)時に、約半数にも上る人が「自分でハザードマップを調べた」ということです。

 宅建業法施行規則が今年8月に改正になり、宅建業者は不動産取引時において、水害ハザードマップにおける対象物件の所在地を事前に説明することが義務づけられました。

 不動産購入(賃借)者は、今後ますます土砂災害・水害などのリスクに敏感になってくると思われます。

 参考:ハザードマップポータルサイト(住所を入力して確認してみましょう。)

 

R03-10-22

不動産関連のことなら、何でもご相談下さい!

イワイックス

03-3590-7512